なたまめ茶の有効成分、効果・効能についてご紹介

今話題の健康茶であるなたまめ茶は、口臭や蓄膿症に効果があると言われ、その優れた薬効成分が大変注目を集めています。上記のようななたまめの専門サイトや、なたまめ茶のメーカーサイトでもの効果やなたまめに関する情報を集める事が出来ますが、ここ「なたまめ茶と口臭」では特に、なたまめの持つ3つの有効成分と、その効果・効能、なたまめ茶と口臭との関係について詳しくご紹介していきます。現在では数多くのなたまめ茶が市販されていますが、商品によって原料や味も様々ですので、なたまめ茶の選び方についても合わせてお伝えしていきます。

なたまめ茶は口臭に高い効果を発揮

年々、増加傾向にあると言われている歯周病。歯周病にかかると、歯と歯肉の間にできた歯周ポケットに歯石や歯垢がたまり、口臭の原因を引き起こすと考えられています。この歯周病に効果を発揮するのが、なたまめ茶に含まれる有効成分カナバニンです。

カナバニンは、抗炎症作用と排膿作用を持ち、歯周病の他、蓄膿症など体の中に膿がたまる症状に対して、高い効果を発揮することがわかっています。治療と並行して、普段の生活になたまめ茶を取り入れることで、症状を効果的に改善させることができます。

なたまめ茶選びは製造過程を重視

なたまめ茶の原料であるなたまめは、品種によっては若干の毒性を持つものもあります。しかし、きちんと加熱処理されれば毒性はなくなりますので、副作用の心配はありません。なたまめ茶を選ぶ際は、産地や製造過程、品種などをしっかりと確認することが大切です。

なたまめ茶は、なたまめ100%のものから、体に良い食材を加えたものまで様々な種類の商品が市販されています。味にも違いがありますので、色々試しながら、自分に合ったなたまめ茶を探してみてください。